解説!DV離婚の流れ

DVから逃れるために別れることを選択する

接近禁止命令の内容


夫のDVが原因で妻が避難を行った時、DVの加害者である夫は妻の避難先を調べようと詮索をすることがあります。逆上をした加害者による痛ましい事件も現実に起こっています。
そのようなことが起こらないために裁判所が出す保護命令が接近禁止命令です。
この命令は加害者が被害者に付きまとったり、被害者の行動圏内を徘徊する行為を禁止するもので、もしも、加害者がこの目入れに背いた際には警察が介入して対処することとなります。
基本的に有効期間は6ヶ月間なっていますが、裁判所が継続を必要と認めた場合や、延長を申請して裁判所が受理した場合には、再度、発令されます。
また被害者が子供を連れて避難している場合には、学校の前で待ち伏せをするなどの加害者による連れ去りの可能性が考えられますので、その場合にも裁判所から接近禁止とされることがあります。
その他、被害者家族などに危険が生じる恐れがあると判断されれば同様の対応が取られることとなります。
保護命令を申請するには、まずDV被害を受けた証拠が必要です。
一般的には怪我をした際の診断書や手紙やメールなどの脅迫文言、また警察やDVセンターへ相談した内容とその際にとられた措置などです。
こうした証拠と共に申し立てを行うとスムーズに保護命令が発令されます。


コメントを受け付けておりません。