解説!DV離婚の流れ

DVから逃れるために別れることを選択する

退去命令の内容 


家庭内での出来事は第三者からはなかなか窺い知れることではありませんが、世の中には配偶者からの一方的な暴力の被害にあっているいわゆるDVの問題を抱えている家庭が数多く存在しています。
そのようなDVの被害に遭っている人たちは配偶者からの暴力から逃れるために新しい居住地に移転をしたり、実家へ避難することが珍しくはありませんが、そのような場合、常に配偶者の目を気にして生活をしていかなくてはなりません。ときには転居先を発見されてしまい、さらなる暴力行為の被害に遭ってしまう場合もあります。
そのような事情を抱えている人を救済する措置として、裁判所がDVの加害者に対して接近禁止命令や退去命令を出してくれる保護命令という制度があります。仮にDVの加害者が裁判所による保護命令に違反した場合には、刑事罰が科せられることになります。
保護命令には前述したように2種類の命令がありますが、接見を禁止する命令の場合、同居をしていない住居への接近を禁じられることになり、その有効期限は6ヶ月となっています。
同居している住居からの退去を命じる命令の場合、命令を出された側は2ヶ月間、その住居から退去しなければなりません。配偶者の監視が厳しく、新しい居住地や実家に引越しをするのが難しいという人の場合、この2ヶ月間という期間を使って引越しをすることが可能となるのです。


コメントを受け付けておりません。